市販品と手作りおせちを組み合わせてみましょう

おせち料理の一つ一つには意味があることをご存知でしょうか。

例えば、数の子は子孫繁栄を願う縁起物、きんとんは金運を呼ぶと言われていますし、黒豆は健康に暮らせるよう願いが込められています。他の料理にもそれぞれに意味があり、奈良時代を起源とし、1年間の豊作・無病息災を願うといった風習として今も続いています。

そんな意味を持つおせち料理ですが、子供たちには人気が無く残ってしまうこともあります。
100パーセント市販のものでは、何だか味気ないし、おせち料理の風習を子供たちにも受け継いで欲しい、食べて欲しいと、多くの料理の中の数品を手作りしているご家庭も多くいらしゃいます。



今は、インターネットサイトからの予約購入もできますし、近所のスーパーやコンビニエンスストアなどからも予約することができます。
また、お総菜として小分けされた状態で売られていたりもしますから、手作りをせずに購入できる環境は整っていると言っても良いでしょう。

そう言った市販されている料理と、今年は黒豆と栗きんとんを手作りしてみようなどと、一年一年手作りおせちを変えて見るのも楽しいかも知れません。

インターネットを利用すれば、おせち料理の作り方も検索することができます。



作り方が分かれば挑戦してみたいという気持ちになります。



せっかく日本に古くからある風習ですから、お子さんと一緒に一品二品手作りして、その意味について話をしてみる良いきっかけにしてみてはいかがでしょうか。