年末に頑張り過ぎないおせち作り

和食は今やユネスコの無形文化遺産にも登録され、世界中で楽しまれています。


和食の代表的な存在である寿司は、世界各地で楽しむ事が出来ると言っても過言ではありません。

古い歴史を持ち、素材の味を生かす調理法の和食は非常に奥深く、プロの料理人でも極めることは困難かもしれません。
そんな伝統的な和食の中に、お正月に欠かせない存在と言えるおせちがあるのではないでしょうか。

おせちを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

代表的なものだけでも、数の子や黒豆、昆布巻きやごまめなど、何種類もあり地域によってもその種類は異なります。



そんなおせちを出来れば自分で作ってみたい、と思う人も少なくないのではないでしょうか。
しかしそこに立ちはだかるのが、時間と手間の問題です。おせち料理の多くがすぐ出来るものではなく、下ごしらえに時間がかかったり、煮込むのに時間がかかったりする料理ばかりです。
そんな料理を何種類も作るのは、よっぽど作り慣れている人でなければ難しいでしょう。
そこで自分で作る場合は、慣れないうちは1〜2品から始めましょう。

例えば数の子や黒豆だけは手作りして、他の料理は市販されているものを購入すると、何種類も作らなければならないというプレッシャーや大変さから解放されます。

おせちをつくることは素晴らしいことですが、頑張り過ぎて疲れ果ててしまうのも良くありません。せっかく家族や親戚と過ごすお正月が楽しめないことになってしまっては本末転倒です。



頑張り過ぎないおせち作りをモットーに年末を過ごしましょう。