本当に喜ばれる出産内祝いって?

出産すると大勢の人が赤ちゃんの誕生を祝ってくださり、喜びも二重三重に広がります。授乳で寝不足が続き、慣れないお世話で疲労困憊でも幸せを感じられるのは、赤ちゃんの可愛いらしさと周りの人の温かい気持ちがあってこそでしょう。ですから、疲れて時間も取りづらい日々続きでも出産内祝いは忘れずに手配しましょう。本来は1カ月以内に持参してお渡しするのが良いとされますが、忙しい現代では郵送で済ませてしまう事が多く、カードやお礼状を添えてお送りすればそれほど失礼な行為には当たりません。

赤ちゃんを連れてデパート等に買い物に行くのが難しい場合は、インターネットで様々な出産内祝いを選ぶことができるのでとても便利です。出産内祝いの相場はいただいた物の1/3~1/2が相場とされています。気を遣ったつもりでそれ以上の物を贈っても失礼に感じる人も多いので、この目安を守った方が無難です。贈られる側で人気が高い物はカタログギフトやギフトカードと言われています。

贈る方としては味気なさを感じるのではないか、と不安に思いますが自分の好みで選べるので支持が高いようです。次にスイーツや食品が挙げられます。甘いものが苦手な人を除けば、小分けで手軽につまめるフィナンシェ等の焼き菓子はお薦めです。食品に関しては好みが分かれそうな物より、お米のような無難な物が喜ばれます。

出生体重分のお米を贈るギフトや洒落た風呂敷に包まれたお米のギフトは、今とても人気があるようですよ。食品は賞味期限が長いものを選ぶことも重要です。この他に名入れの雑貨を贈ることも人気ですが、受取る側は複雑に感じる人も多いようです。好みに合わないものの場合処分にも困るので、名入れギフトにする場合は食品のような消耗品を選ぶ方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *