出産内祝いの時期と選び方

出産内祝いは本来は子供が生まれた時に親戚や友人、近所に内祝いの品を配るのが儀式でした。現在では出産祝いを頂いた時お返しに贈るようになりました。出産内祝いを贈る時期は生後1か月のお宮参りのころです。出産した時にお祝いを頂いた場合にはお宮参りの頃にお返しをします。

お返しの金額の相場は一般的には頂いた金額の1/2から1/3くらいの金額ですがそれぞれの家庭の事情に合わせてきめます。昔から内祝いの定番ギフトは紅白饅頭や砂糖などの縁起のよいものや紅茶、コーヒー、お菓子の詰め合わせ、タオルなどです。子供の写真入りや記念品グッズなどより食品などの消耗品のほうが出産内祝いギフトに適しています。赤ちゃん出産時の体重と同じ重さのお米のお返しも親戚などには喜ばれるようです。

贈る相手によってお返しの品物を選んだほうがよいでしょう。カタログギフトなどを送付して相手に選んでもらう方法も便利です。お返しの方法は手渡しでも郵送でもどちらでも構いません。購入先で郵送サービスを利用したほうが手間もかからず送料無料サービスなどもあるので便利です。

紅白の蝶結びのしを使用して赤ちゃんの名前を書きます。内祝いにメッセージカードを添えることも多くなりました。出産内祝いの準備は出産前に準備しておくのがおすすめです。出産後は赤ちゃんの世話に追われ睡眠不足になりがちですから出産前の体調が安定している時期にお返しの目途を立てておいたほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *