ノベルティの企画と配布のテクニック

広告会社が提案したイベントの企画を具体化するプロセスでは、会場におけるノベルティの配布について考えることが多いです。またアイテムを選ぶプロセスでは、サンプルを取り寄せて社内で検討するのがポイントです。イベントの責任者が会議で集まってサンプルをチェックすると、大きな宣伝効果が得られるアイテムを選べるからです。ノベルティの購入では通販サイトを活用することが多く、特に即納型の商品へのニーズが強まっています。

規模の大きな販売会社であれば、大ロットの注文にも臨機応変に対応することが可能です。しかし商品と企業のイメージアップを重視する責任者は、デザインも含めて慎重に企画を具体化したいと考えています。数点程度のアイテムに絞り込んだ場合には、印刷コスト込みの価格を見積もってもらうのが次の段階です。簡易見積もり機能がある通販サイトであれば、いつでも気軽に費用を計算することができます。

しかしノベルティの調達コストを抑えたいときには、複数の販売会社と条件交渉を行う必要があります。ブース展示がメインの企業イベントでは、ノベルティを配布できる場所も限られています。そして来場者が多くて混雑するイベントでは、効率よくグッズを配ることが大きな課題です。事前にパンフレットとノベルティを袋詰めすると、イベント当日の配布の能率がアップします。

またアンケートに答えた人限定でグッズを配るときには、グレードの高い商品を積極的に活用するべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *