ノベルティのタオルにも種類がある

販売促進や宣伝の目的で配布されるノベルティには様々なグッズが選ばれており、うちわのような季節性の高い物からポケットティッシュのように低単価で配布しやすい物までさまざまあります。何を配布するのかは、どのような目的でどのような属性の肩をターゲットにしているかによって異なってきますが、実用性の高い物は比較的広く利用できます。中でも、あると便利なタオルはやや単価が高い半面、販売促進の用途や会社のPRの役に立つものです。とりわけアクティブワーク業界では使用される頻度も高い道具なので、社名を入れたタオルを準備しておくことはひとつの戦略になるでしょう。

もし、タオルをノベルティとするのであれば、大きさやデザインは単価に直結する要素なので、配布する対象がどのような方か考えて発注する必要があります。たとえばアクティブワークや飲食業のように、タオルを使う頻度が高い業界や主婦・主夫といった方を対象とするなら、木綿製の一般的なサイズで社名をプリントしたものがいいでしょう。一方、女性やお子さんといったハンカチを持ち歩くことの多い方が対象であるなら、ハンカチサイズでパッケージがケーキやテディペアを模したような見た目の良い物が目を引くはずです。この場合にはパッケージ部分に社名を入れたり、チラシに同封する形で配布することで、企業の宣伝効果を高めます。

また、ノベルティでも何らかの記念品の意味合いが強いなら、全面にプリントを施したものが適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *