住宅展示場や不動産賃貸などで配るノベルティ

ノベルティ配布計画を考えるにあたっては、自社の業種や対象顧客層を十分に考慮したうえで選択することが求められます。

ここでは、住宅メーカーや不動産会社などに焦点を当てて、グッズ選びのノウハウを見ていきたいと思います。ひと口に住宅・不動産業界が配布するノベルティといっても、住宅展示場への顧客訪問・賃貸契約の際などシーンはさまざまです。また、顧客が動きやすい季節というのもあり、それを想定した配布計画を立てることも大切になります。例えば賃貸マンション・アパートの契約時期で一番多いのは、年が明けてから新年度が始まる前の3月頃だと言われています。顧客は何社か不動産会社を回っている可能性もあるため、気の利いたグッズを配れば、好感度が増して成約してくれる可能性も高まるかもしれません。

配布するのに適したものは新生活で役に立つもので、持ち帰りにかさばらない物が適しています。例えばステーショナリーなどが良く、さらに名入れをすることで宣伝効果も高くなります。次に、住宅メーカーにとっての課題である、いかに展示場に顧客を集められるかという点でもノベルティの配布は大きな役割を果たしてくれます。潜在顧客の中には粗品に魅力を感じて足を運んでみようかという人もいます。家族層が多く訪れることが見込まれるなら、一番喜ばれるグッズは日用品などの消耗品だと言われ、事前の案内状・チラシなどで目立つように告知すると、集客効果が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *